0-1 エピソード0

※作品によって表示に時間がかかります
読了時間目安:3分
物語の2年前。
冒険の主役となる者たちも前日譚。

熱狂に包まれるリング。
トレーナーと呼ぶにはまだ早いだろう、10歳前後のトレーナー見習いは全力を出して戦っている。

実況
「第12回ザクロジュニアカップ第3位はパープル選手のマリルとミミロルです!!盛大な拍手を!!」

ワーっと盛り上がり拍手で称えられる女の子。


実況
「続いては今大会最終戦、決勝はシエルタウン出身、オレンジ君!同じくグレイ君です!決勝は特別ルールとしてダブルバトルにて行われます。」

オレンジ
「今日は練習じゃなく本番だ!今日こそ勝ってやる!」

グレイ
「ふっ、今日もお前の負けだ!」

実況
「いつも練習し合っている友達同士での戦いです!!それでは決勝戦のスタートです!」

オレンジはヒノヤコマとスピアーをグレイはカラカラとヤミカラスを繰り出した。

グレイ
「先手必勝だ!!ヤミカラス![おどろかす]!!」

オレンジ
「させるか!ヒノヤコマ![でんこうせっか]!!」

ヒノヤコマが先手を取って攻撃した。

オレンジ
「続けて[ダブルニードル]!!」

すぐさまスピアーへ攻撃の指示を出した。
スピアーはカラカラへ攻撃しカラカラは毒を負った。

グレイ
「反撃だ!カラカラ、[ずつき]!、ヤミカラス、[つつく]!」

グレイも毒にたじろぐことが無く反撃する。
攻撃はスピアーに集中してスピアーは瀕死寸前にまで追い込まれた。

スピアーはヤミカラスへも毒を与えたが奮戦空しく瀕死になった。
形勢は1対2でオレンジの不利になってしまった。






以下執筆中
前に戻る|もくじ|次へ進む

読了報告

 読了報告及び評価をするにはログインが必要です。

感想

 この小説は感想を受け付けていません。