せせらぎの試練と青い少女

※作品によって表示に時間がかかります
 アローラ!部活のせいでコミケに行けない『悪戯な秋雨』です!嘘です!そもそも行けるような距離ではないw
 さて、今回は『せせらぎの丘』の試練です!ゲームともアニメとも違う新たな試練をお楽しみください
 それでは!今回もまったりとお楽しみを










さて、蒼空家とのバトルを終えたリーン達は、次の試練のあるせせらぎの丘に来ていた









今回から作前の紹介消します















リーンとリーリエがせせらぎの丘を散策していると、淡い水色の服を着た少女が声をかけてきた

???「こんにちは。お散歩ですか?」

リーン「ううん。ここら辺に、試練を受けさせてくれるところがあるって聞いてきた」

リーリエ「スイレンさん、という方を探しています知りませんか?」

???「そうですか。・・・そう言えば」

そう言って少女は話題を変える

???「お兄さんたちは、ライドポケモン、使ってますか?」

リーン「ライドポケモン?」

初めて聞く単語に、リーンとライアは首をかしげる

ライア「なあ、シュガー、ライドポケモンってなんだ?」

ライアにそう聞かれたシュガーは嬉しそうに答える

シュガー「ライドポケモンというのは、トレーナーに力を貸してくれる、非戦闘要員、つまりパーティメンバーではないポケモンのことです。ハラさんとのバトルの後、一応もらっていますよ?」

リーン「あー、あのケンタロス?」

シュガー「そうですそうです!アローラ地方には、他にも様々なライドポケモンがいますよ」

その言葉を聞いたリーンが密かに目を輝かせたことは、誰にも分らなかった

???「私、ちょうど同じライドポケモンを持っているので、いりますか?水上を進める、ラプラスのライドポケモンです」

ライア「水上か。いいじゃねえか。リーン、ココは好意に甘えておこうぜ」

リーン「そうだね」

と、そんなわけで・・・





ラプラス「きゅーーん」

リーン「宜しくね、ラプラス」

リーリエ「お願いします!ラプラスさん!」

ライア「ほー。結構本格的だな」

カミール「うう。酔わないですかね?」

ライアは興味深々。カミールはやや緊張気味にラプラスと接している。他のメンバーも、それぞれの反応をしていた

???「それでは、そのラプラスに乗って、奥まで進んでみてはどうでしょうか」

リーンとリーリエはその提案に乗る。ついでにラプラスに乗る

???「奥の方に行くと、水しぶきがあることがあります。ポケモンがいるので、倒しながら進んでいくのもありだと思います。それでは」

そう言って少女はどこかへ消えてしまった

リーン「名前聞く暇なかったね」

ライア「だな。ま、また会えるだろうよw」

リーリエ「一期一会、ですね!」

笑いあいながらリーン達は奥へと進んでいくのだった





リーリエ「あ!リーンさん!こっちです!」

ライア「任せろ!十万ボルト!」

15分後、完全にラプラスと水上バトルにはまっていたリーン達。どんどんとせせらぎの丘の奥へと向かって行く。すると・・・

ゴゴゴゴゴゴ・・・・・・

リーン「ん?」

リーリエ「な、なんですかコレ!」

ライア「大物の予感だなっ!」

カミール「うう。吐きそう・・・」

???「グオォオオオッ!!!」

咆哮と共に、大きなポケモンが一匹飛び出す。その着地点は、まさにリーリエとライアの居る位置だった

リーン「うわー。でかいねー」

ライア「お?つぶれんじゃね?オレ」

リーリエ「ラプラスちゃん!逃げてください!」

ラプラス「きゅーん!」

リーン「ライア、波乗り」

ライア「それ以外出来ねえw」

ザッパアアン!!!ポケモンが着地する。よく目を凝らすと、同じポケモンが2体いた

リーン「シュガー、なんてポケモン?」

シュガー「先ほどのちいさなポケモン達と同じポケモンです!名前は『ヨワシ』!ただし、群れた姿です!」

リーン「なるほど。フォルムチェンジ的な何かなのかな?」

リーリエ「仲間を倒されたから怒っているのでしょうかっ!?」

リーリエがおびえる中、波乗りを継続していたライアがあることに気付いた

ライア「このオーラ・・・。!おい!リーン!」

リーン「?」

ライア「コイツは『主ポケモン』だ!つまりっ!」

リーン「つまり?」

ライア「試練が始まってる!ダブルバトルで!」

今度はその言葉にリーリエが反応した

リーリエ「ダブルバトル?!ということは、リーンさんと共闘するということですか?!」

ライア「迷ってる暇はねえぞ!こっちは俺が行くぜ!」

リーンとライアはすでに戦闘態勢に入っている。リーリエは、抱えているカミールを見る。が、カミールは完全に酔っており、戦闘ができるような状態ではない

リーリエ「しょうがないです!お願いします!フリーア!」

そう言ってリーリエが投げたボールから出て来たのはゴルバットである。因みに、名前の由来は【王の威厳・才能】の花言葉を持つ『フリチラリア ペルシカ』から来ている。皆もググろう!

フリーア「ふむ。吾輩の出番か。ライア殿。宜しく頼みますぞ」

ライア「おう。お互いがんばろーや」

リーン「くる。ライア、十万ボルト」

リーリエ「フリーア!エアカッターです!」

両社の指示を受けたライアとフリーアは、横っ飛びにヨワシを避けながら技を繰り出す

ヨワシ「ギュオオオオ!」

しかし、まったく効いた様子はない。その様子を見たフリーアは、ライアに声をかけた

フリーア「ライア殿。吾輩が時間を作ります。1体ずつ仕留めては?」

ライア「いいな。任せるが、いいか?」

フリーア「言い出したのは、吾輩です故」

ライア「じゃ、任せる」

そう言うとライアは周りに溶け込むかのように消える。フィールドにはフリーアとヨワシ2体が残っていた

フリーア「ふふふ。王の威厳、なんて名前が付けられておりますが、吾輩はそんなに大した者ではないのでの。精一杯、悪あがきさせていただきますぞ!」

そう言うとフリーアはヨワシの前に立ちはだかる。リーンとリーリエは岸に逃げており、声は完全に届かない

フリーア「初めてのバトルで手柄が出せればそれでよし。勝ちに尽くせば大金星。ならばやることはただ一つ。敵の足止めをすることのみ!くらうがいい。超音波!」

そう言って放たれた超音波はヨワシに直撃する

ヨワシ「グウゥウゥウ!」

フリーア「さて、撹乱しますかの」

そう言ってフリーアはヨワシの周りを飛び回る。見事にかく乱されたヨワシたちは混乱し、やがて衰弱していく

ライア「はい、もらいー」

ドゴッ!

そのすきを突いたライアがヨワシにアイアンテールを叩き込んだ

ライア「じゃ、あと一匹な」

フリーア「そのようです・・・む?もう一体はどこに行ったのですかの?」

そう言われたライアは、苦笑いしながら水面を見る。奥へと潜ったのだろう。ライアの眼にも、ヨワシの姿は見られなかった

ライア「口調安定しねえなお前。確かに、見えねえな」

フリーア「ふむ。こうなってはお手上げですな。吾輩、見える者にしか耐性がありませんのでな」

ライア「どうかと思うぞ。・・・だが、しょうがない。リーン以外には内緒にしてくれよ?」

フリーア「内容によりますのぉ。ふふふ」

ライア「チート使うだけだ。心配すんな」

フリーア「大問題ですな。しかし、先人からのこんな教えがありますぞ?」

楽しそうに笑うフリーアに、ライアは尋ねる

ライア「おう。教えてみろよ」

フリーア「ばれなきゃ犯罪じゃないんですのでな」

ライア「はっはっは。違いねえ。・・・さて、じゃ、ばれないようにやりますかね。指示するから攻撃を頼む」

フリーア「了解じゃ」

ライア「さて、オレの最後の伏線だ。すべて捉えろ。『エレキフィールド』」

そう言ってライアから放たれたエレキフィールドは、当然のごとくフィールド全体を覆っていく

フリーア「ふむ。確かに、普通では覚えませんの」

ライア「だろ?ま、タマゴ技で覚えるんだが・・・。それよりなにより、使い方だよなw」

フリーア「ふむ?普通と何か違うのですかの?確か『ねむり』にならず、1,5倍でしたかの?」

ライア「・・・この世界はゲームじゃねえ。アクアジェットを回避に使う。スパークを体に纏う・・・。色んな事が出来る。だが、・・・エレキフィールドを捜索に使うことができるのは、俺だけだったのさ」

フリーア「ふーむ。成程。だからこそ、使うのを控えているのですな。じゃが、此方から言わせてもらうとですな・・・」

フリーアは言いずらそうに笑いながら、こういった

フリーア「そもそも波乗りが使える時点でチートぎりぎりですぞ?」

ライア「・・・完全に失念してたわ。うん。吹っ切れたわ」

フリーア「ほほ。そうかの?では、指示をくれい!」

ライア「なんか、ただのじじいキャラだなお前」

フリーア「ほっほっほ。ならば、しっかり敬ってもらいますぞ?」

ライア「へっ。ヤなこった!フリーア!右前!」

フリーア「エアカッター、ですぞ」

ライア「ヤケモンかてめえw」

フリーア「なにをおっしゃる。覚えている技は『超音波』、『エアカッター』、『どくどくのキバ』、『怪しい光』。ある意味ヤケモンですぞwwwwww」

ライア「じゃあ、頼むぜ。後ろ!怪しい光!」

フリーア「了解、ですのじゃ」

ライア「安定しねえwまた潜られたか・・・。問題ねえな。フリーア!離れてな!」

その指示を受けたフリーアは、空高く飛び上がる。それを確認したライアは

ライア「さあ!潜ってるだけじゃつまんねえぜ!波乗り!」

その波乗りにあおられ、ヨワシが飛び出す。それを見たライアは、ここぞとばかりに手を前に突き出す

ライア「さあ!飛び出してきたとこ悪いが、沈んでもらうぜ!十万ボルト!」

バリバリバリバッ!

フリーア「・・・吾輩、必要あったかの」

ライア「・・・さあ?」

そんな会話を交わしながらリーン達のもとに戻っていく。リーンとリーリエはライア達と再会しながら、試練の達成を喜び合った

パチパチパチパチ

ライア「?」

拍手の聞こえた方に振り返ると、そこには、先ほどのライドポケモンをくれた少女がいた

???「試練達成、おめでとうございます」

リーン「あ、うん。ありがとう。ところで、ここの試練のキャプテンがどこにいるか知ってる?」

リーンの問いに、少女は初めてクスッ、と笑う

???「その必要はありませんよ」

そんな言葉に、リーンとリーリエは首をかしげる。その行動が完璧にシンクロし、少女はさらに口元を緩めながらこう言った

???「ああ。名乗ってませんでしたね。私の名前はスイレン。ここ、せせらぎの丘のキャプテンです。いいバトルを見させて貰いました」

スイレン、と、自分をそう名乗る少女は、まだ何か可笑しいのか、口元を緩めながら、リーン達を見上げている

ライア「うん?つまり・・・オレ達ははめられてたってことか?」

スイレンの言葉の意味を察したのだろう。ライアが声を上げる

スイレン「その通りです。2匹のヨワシを相手に快勝したお二方には、試練達成の証、『ミズZ』をお渡しします」

そう言ってスイレンから手渡される『ミズZ』。それはまるでアローラを囲む透き通った海のごとき澄んだ色をしており・・・

スイレン「これで、アーカラ島の試練一つ達成ですね。おめでとうございます」

無表情かつマイペースに話を進めるスイレン

リーン(なんか雰囲気持ってかれてるなぁ)

スイレン「お二人さん、その・・・あ、愛のとっ、逃避行!・・・は、次はどこに・・・」

リーンの心境を察したであろうスイレンは、無駄に気を利かせようとジョークを放つ。しかし、本人が色恋沙汰に消極的な為、最後は顔を真っ赤に染め上げながらうつむいていた

リーン(・・・?)

幸い、リーンにはあまり理解できていなかったらしい。後ろでライアが口笛を吹き、リーリエはスイレンと同じく顔を赤くしてはいたが

リーン「・・・次、どこに行く?」

リーリエ「ひゃ、ひゃい!」

唐突にリーンに聞かれたリーリエは盛大に噛んでいる。試練を終えたせせらぎの丘を、そんなふわっとした空気が包み込んでいた










スイレン「また遊びに来てください。次は私も戦いたいです」

リーン「ん。手加減は、しない」

リーリエ「また会いましょう!」

ライア「元気でな、嬢ちゃん」

シュガー「次は出番ありますように」

フリーア「また会いましょうぞー!」

カミール「うう。よった・・・」

そんなメンバーを乗せたラプラスは

ラプラス「きゅーーん!」

楽しそうに鳴き、せせらぎの丘を後にするのであった










スイレン「・・・今のはで、デートのおおおお誘いになななりますすかねねね」

釣りおじさん(なにしてるんだろうキャプテン)





また次回!










 と、今回はこのあたりで
 さて、実はもうすぐアローラ攻略も中盤です!ま、投稿しないと中盤にならないんですけどね(ドヤア!)
 では、次回も次回もお会いしましょう。次はイッシュで!
前に戻るもくじ次へ進む

読了報告

 読了報告及び評価をするにはログインが必要です。

感想フォーム

 この小説は感想を受け付けていますが、感想を書くにはログインをしている必要があります。

 そのため、感想を書くにはアカウントを所有している必要があります。

感想

 この小説には感想がついていません。