Page 27 : 再会

※作品によって表示に時間がかかります
読了時間目安:13分
 ラーナーはリビングルームにある木の椅子に腰かけ、疲れたように頬を下げて溜息をつく。部屋には彼女以外誰もいない。ラーナーは壁に掛けられた時計に目をやると午後十時を丁度回った所だった。
 余程疲労が溜まっているのかラーナーは椅子から滑る様におりると傍にあった背の低いテーブルに顔を伏せる。そしてテーブルの上に置いてある、二つの小さくなったモンスターボールを何となく見つめる。
 時計の秒針の音が部屋に響き、遠くで足音が鳴っている。それがガストンのものかエリアのものかはラーナーには分からない事で、彼女が無意識に確定しているのはそれはクロのものではないということだ。
 彼女の瞳は虚ろでそのまま眠りに落ちてしまいそうな勢いである。見えない重いものが瞼に纏わりついているのを感じ、なんとか耐えようと瞬きを素早く繰り返していた。
 少し頭を傾けてリビングルームの窓を見やると、外が暗くよく見えないが確かに雨が降り始めていた。そういえば、とラーナーはアランが傘を持ち出ていったのを思い出す。天気予報もよく当たるものだ、昼は日向ぼっこが楽しめるほどに晴れていたというのに。
 もうシャワーも浴び、服装は彼女には大きなサイズの白いTシャツと柔らかい素材の短パンに変わっていた。もういつでも眠りにつける状態だった。
 ゆっくりとラーナーはその場を立ち上がり二つのモンスターボールを拾うとそれをポケットにしまい、部屋を後にする。彼女の顔には影が入り、重い足取りで階段を上がっていく。
 二階に足を踏み入れる。ラーナーが眠っている部屋は廊下の奥の方なのだが、それよりもかなり手前の方でラーナーは足を止める。
 微かに聞こえる雨の音をバックに、立ちすくむラーナー。目の前のドアの向こうにいるのは、ベッドに眠り続けているクロだ。
 ラーナーは右手をドアに傾けるがノックをする直前で固まってしまう。ドアの向こう側を見つめるように目の光は虚ろに揺らいでいた。
 唇を軽く噛むと小さくドアを叩く。固い音が響き、その瞬間ラーナーは心臓の鼓動が大きくなったのが分かった。少しだけ後悔の混じったような複雑な心境のまま、このまま引き下がることはできないためにノブに手をかけた。なるべく音をたてまいと慎重にドアを開くと、中は真っ暗である。廊下の光で部屋の様子がうかがうことができ、部屋の床にラーナーの影が大きくおとされていた。
 小さな部屋の奥、ラーナーの正面のベッドに横たわっているクロの姿をラーナーは見つめると、部屋に入りドアを閉める。窓が放たれたままで雨の音が今までより一段と大きく聞こえる。それでも暗闇が静けさを演出している。
 足元がほとんど見えずいくつかの物を蹴ったり踏んだりしながらラーナーはベッドへと近づいていった。
 暗闇に少し目が慣れてきて、ラーナーは何とか認知できるクロの顔を見下ろす。雨の音の中で耳をすましてみれば、静かに聞こえる呼吸音が彼女の心をかろうじて安堵へと導く。
 ラーナーは今度は窓に近づくと、その固さに苦戦しつつも窓を閉める。その途端音がこもったようなものにかわる。ラーナーは向こうの空をガラスに手を当てて見つめる。降り続ける雨はそこまでひどいものではなく、雨粒はむしろ小さい。
 しばらくしてからその場を離れるとベッドの傍にある椅子に腰を下ろす。閉じられた瞼のクロは無表情で、それはずっとラーナーが見続けてきた表情。何ら変化も無く、ただ彼は眠っている。
「クロ」
 小さく掠れた声でラーナーは呟いた。数秒間の空白。彼女が待っている返答は無い。
 ラーナーは目を閉じて俯いた。膝に乗せている手を強く握ると少しそれは小さく振動していた。
「……ラーナー?」
 目を瞑っていたラーナーの見る暗闇の中で、まだ少し幼い声が跳ねた。
 ラーナーははっと目を開き慌てるようにクロの顔を見た。
 先程まで閉じられていた瞳は少しだけ開き、真っ直ぐに少し驚いたようにラーナーを見つめてきていた。二人の視線が絡み、ラーナーは息をとめる。
「クロ?」
 呆然とした声を漏らすラーナー。決して視線を逸らそうとはせずに、椅子から立ち上がろうとしたが足がふらつき床にしゃがみ込んでしまう。
 その様子に思わずクロは身体を動かそうとしたが痛みが走り一人悶絶する。
 ラーナーはすぐに立ち上がりもう一度確かめるようにクロを見た。
「クロ……クロ、クロ!」
 何度もその名前を呼ぶ。自分で自身に言い聞かせるように、確かめるように。
 今にも泣き出しそうな表情でラーナーはベッドに両手をつき、少しだけ首を振ったり唇をかんだりすることで何とか涙をこらえていた。けれど額に寄せられた皺は濃く刻まれ、目頭は熱く堪えるのも限界だった。
「そんな何回も呼ばなくても、聞こえてるから」
 クロは苦笑いをした。その表情は柔らかく、そしてその何気ない言葉にラーナーは本当にクロが起きたのだと実感する。
 唇を固く横に締めて、ラーナーは何度も頷いた。それから、口を開いた途端に遂に瞳から涙が零れ落ちた。
「クロ、よかっ……良かった! ほんとに、良かった」
 鼻水を時々すすりながらラーナーは涙を拭った。だが崩壊したダムの水のように、涙は溢れだし止まる気配がない。
 しばらく声も出せず、彼女の泣く音が部屋中に響き渡る。クロはどう声をかけたらいいかも分からず、沈黙を保っていた。
 少し落ち着いてきた頃、しゃくりあげながらもラーナーは頭の中で言いたい事を整理して会話を切り出した。
「あたし、本当に……こんなことを言っちゃだめだと思うんだけど、本当にクロが死んじゃうんじゃないのかって心配になったの」
 クロは相槌を打つように軽く頷いた。
「あの時、クロが倒れた日、すごい熱で……いっぱい血も吐いてて、それを見たらあたし、セルドのことを思い出しちゃって……それで」
「うん」
 それから数十秒間沈黙が続く。クロは急かすこともなく次の言葉を待った。
「もう、なんだろう、何言ったらいいのかわかんないや」
 涙を顔中に散らせて、ラーナーは少し笑った。
「また一人になっちゃうような気がして、怖かった……ほんとに、起きてくれて良かった」
「……別に、俺はあんたの家族でもなんでもないし、まだ会ってから一カ月も経ってない」
「そうだね、うん、そういえばそうだ。一カ月か、そう言われてみるとまだ全然時間経ってないんだね。でも、問題は時間じゃないと思うんだ、クロ」
 少し冷たいクロの言葉を難なく受け流したラーナーは、少し彼の言動に慣れてきたのだろうか。逆にクロは彼女の言った意味を追おうと次に出てくる言葉を待つ。
 ラーナーは幸せそうに笑った。ずっと聞けずにいた声と、会話をしていることに自然と笑みがこぼれるのだ。
「とにかく、クロは大切ってこと」
「なんだそれ」
「なんだろうね、私にもよくわかんないや。へへ」
 そう言って笑う顔を見てクロは不思議そうに首を傾げながらも、そっと微笑みが漏れた。
 その顔は今までラーナーが見た事の無い彼の表情で、心の底から喜びが溢れてきてまた嬉し涙を流すのだった。





 数時間後、夜のトレアスの町を歩き続けたアランは溜息をしきりに吐きながら、雨の中オーバン家へと戻ってくる。
 全身に疲労の塊が圧し掛かっていて、傘を閉じ鍵を開けて中に入るという一つ一つの動作すらも彼には億劫に感じられた。
 扉を開き傘を壁に立てかけると、床に敷かれた汚れきったタオルを踏み靴の泥や水分を取る。その後吸い込まれるように二階へとまず向かった。
「あら、アランおかえり」
 階段を上がりきったところでアランはエリアとはち合わせる。エリアは丁度クロのいる部屋、つまりアランの部屋を出たところだった。
「あ、ただいまっす。こんな時間まで起きてるなんて珍しいですね。師匠じゃあるまいし」
「ははは、ちょっとね。ほら、見て見て」
 そう言って手でアランを寄せる動作をするエリア。それに従うようにアランは近付くと、エリアは扉を音を立てないように慎重に開ける。
 小さな隙間から中を覗き込むと、アランは息を呑んだ。
 床に座り込み、クロのベッドに腕を折りそこに頭を埋めてラーナーが気持ちよさそうに眠っていた。その身体には毛布が一つかけられている。
 アランは思わず頭を抱えたくなった。今までラーナーがクロの様子を見に来たことは何度もあるが、今回はいつもと違う。恐らくクロが起きたのに気付いたのだろうとアランは直感した。
 エリアは満足そうに笑う。
「遅かれ早かれこうなるわ。それにラーナー、ずっと辛そうだったからこれで良かったのよ」
「でもおばさん、クロは」
「アランの言いたい事も分かる。でも、きっといつかは全て分かることなのよ」
 そう言って遠い景色を見るようにエリアはクロとラーナーに視線を投げかける。思わずアランは口を紡いだ。
「ラーナーがこれからもクロの傍にいるというなら、知るべき時が来る。それがいつかは分からないけどね」
「……それは、そうですけど、でも少なくともクロはまだ知ってほしくないんじゃないんですか、自分の身体のことを。見る感じラナちゃんはけっこうクロに近づこうとしてますけど、クロはそう簡単に心を開くような奴じゃないんですよ」
「分かんないわよお」
 エリアはにやにやと笑窪を作る。
「だってラーナーってなんだか安心できるじゃない。本当に優しい子だから。クロも案外さっと心を緩くするかも」
「そう、ですかね」
「クロの方だって私達と初めて会った時より大分柔らかくなったんだから。ま、何とかなるわよ」
 ぽん、とエリアはアランの肩を叩く。その後おやすみと声をかけて階段も向かっていく。アランはおやすみなさいと返し、彼女が一階へと吸い込まれていく背中を見つめた。
 一人廊下に残されたアランは呆然と立ちすくしていたが、そのうちにゆっくりと自室へと入る。
 机のランプを付けてから扉を閉める。柔らかな光が部屋を照らし、安眠の世界へと潜っている二人の姿をアランは見た。
 脳裏に様々な映像が映っては消え、彼の記憶が走り廻っていく。それを振り払うようにアランは首を横に軽く振った。
「俺は、俺がやらなきゃいけないことをやるんだ」
 小さく呟き、持っていた鞄を床に放り出すと、机の中に積まれている本の山を探る。その中から一つ青いノートを出しすぐにページをめくる。様々な文字の羅列が並べられており、それは紛れもなくアランの字である。
 真ん中のあたりでめくる手を止めると、そのページをアランは凝視する。そのページは何度も消しゴムで消しては鉛筆で書いた跡が残されており、そのために皺が大きく寄せられている。
「オシの葉は確かある。けどブショウは……」
 独り言を並べながら別の小さなメモ帳に鉛筆で文字を書いていく。視線はノートに向けられている為にそのメモはめちゃくちゃな字体になっていた。

 その部屋の電気が消されたのは、その約一時間後のことであった。
前に戻るもくじ次へ進む

読了報告

 読了報告及び評価をするにはログインが必要です。

感想フォーム

 この小説は感想を受け付けていますが、感想を書くにはログインをしている必要があります。

 そのため、感想を書くにはアカウントを所有している必要があります。

感想

 この小説には感想がついていません。