スペクタクル・クライシス

※作品によって表示に時間がかかります
読了時間目安:25分
 
 お互いの持つシンボルを賭けたバトル。ジェムはこれまでの勝負で得た技、トレーナーとして学んだ技術を利用してダイバの攻撃をしのいでいくが、先に一体ポケモンを倒したのはダイバの方だった。並び立つメガシンカポケモン達の力を十分に発揮するダイバとの力の差はやはり大きい。

「ペタペタとキュキュは一旦下がって……出てきてルリ、クー!」

 ジェムは大技を出して消耗したジュペッタとキュウコンを下げ、フェアリータイプを持つ二匹を繰り出す。マリルリがゴムまりのように転がり弾みながら登場し、クチートが大顎を開けて精いっぱい威嚇をした。大鎌を振るう暴竜、刺々しい恨みを放つ亡霊、妖精のように歌う花嫁、親子愛を力に変えたポケモン達を見据えジェムは思う。

(ダイバ君の場にはメガシンカしたポケモンが四体。みんな強いしタイプもバラバラで隙もない……だけど欠点はある)
「ガルーラは『ピヨピヨパンチ』、サーナイトは『サイコキネシス』」
「ルリ、クー、ガブリアスの懐に潜り込んで!」
「何……!?」

 小さなクチートとマリルリがガブリアスの大きな体の足元へと身を隠す。親子で挑みかかろうとするガルーラや念力を当てようとするサーナイトは手は出せない。

「クチートとマリルリはフェアリータイプ、いくらガブリアスが『ドラゴンクロ―』を振るおうとダメージを与えることは出来んしダイバがこれだけポケモンを展開しては『地震』も自殺行為というわけか、だが……」
「小賢しいね……『炎の牙』!」
「ルリ、『アクアジェット』でふっ飛ばして!」
「りるぅ!」

 ガブリアスが足元のクチートに食らいつく前に、マリルリが水を噴射してガブリアスの体を自分ごと押し飛ばす。ガブリアスを盾にして奥のサーナイトへと突き進む。

「チッ、ガブリアスごと『ハイパーボイス』で吹き飛ばせ!」
「させないわ、『不意打ち』よ!」
「クチートの位置からサーナイトに不意打ちが届くわけな……!?」

 ダイバは目を見開く。クチートはマリルリの足をしっかりと腕で掴んで一緒に移動していた。そしてジェムの紅い方の瞳と共に光り、メガシンカを決めている。二つの大顎が、歌声を響かせようと息を吸うサーナイトを横合いから、張り飛ばす。ガブリアスと激突こそしなかったが、ダメージは少なくない。マリルリはガブリアスから離れ一旦周りを警戒したが、隠れ蓑に利用され、あまつさえ自分に止めを刺すより他の警戒を優先したことがガブリアスの逆鱗に触れた。

「ガアアアアアアアアアアアアア!!」
「もういい、戻れガブリアス」
「アアアアアアア、ガッ!!」
「……僕の命令が聞けないの?」
「ガアアアアア!!」

 ダイバはボールを出し戻そうとしたが、ガブリアスは激しく抗議したようだった。鋭い口を何度も大げさに噛み、腕の鎌が効かなくてもこの牙でマリルリを食いちぎってやると言わんばかりの仕草だった。ダイバがため息をつく。ガブリアスのメガシンカは体の変質によってポケモンに大きな負荷をかけ、ストレスが大きくなる。

「ちっ……ゲンガー、サーナイト」

 一瞬、ダイバの目が最初にジェムと会ったときのように冷たくなった。その意図を察し、ジェムは思わず声を上げる。

「待ってダイバ君、それは流石に……!」
「『サイコキネシス』」

 二体の強烈な念力が怒り心頭のガブリアスを襲い、白目をむいてガブリアスは倒れた。やっとおとなしくなった自分のポケモンをダイバは戻す。
 
「言うことを聞かないからって、そこまでしなくても……」
「……どうせ、ガブリアスを倒さず怒らせて隙を作るのが狙いだったんだろ。倒そうと思えば、マリルリの一撃で倒せたはずだ」
「……っ、それは」

 図星を突かれて言葉に詰まるジェム。事実マリルリやクチートの攻撃力なら弱点を突いたうえでガブリアスを倒すことは難しくなかった。ジェムの予想では怒りに任せて暴れるガブリアスを影に他の三体を攻撃していくつもりだったのだ。ここまでの戦いで、ガブリアスがかなり怒りっぽいことはわかっていたから。

「その手に乗るくらいなら僕は勝利のためにガブリアスを犠牲にする。……勝つためだけに、僕はこいつを育ててきたんだから」

 接近戦に強いマリルリとクチート相手では分が悪いと判断したのかガルーラを戻しながらダイバは気迫のこもった声で言う。能力の高さはダイバの持つポケモン全般に言えることだが、ガブリアスは特に強力なタイプに高い機動力と攻撃力、メガシンカという選択肢の存在からポケモンバトルという勝負の中で強力なポケモンとされていることはジェムも何となく知っている。ダイバがドラコのフライゴンを低く見ていたのもそういう背景があったのだろう。

「だけど、それじゃガブリアスが……」
「可哀想、なんてつまらないことは言わないでよね。メガシンカするとすぐ熱くなって連携を乱す……そのリスクは僕もガブリアスも理解した上でやってるんだ。君にどうこう言われる筋合いなんてない」

 メガシンカとはポケモンとトレーナーとの信頼がなくては不可能だ。よってガブリアスがメガシンカしたこと自体がダイバの言葉が真実である証拠になる。ダイバの勝利への執念を思えば否定するべきではないのかもしれない。それでもジェムは言う。

「ダイバ君の考えはわかったわ。でも……本当に強くなるためにはそういう時でもポケモンと協力して戦える方がいいと思う」
「そういうセリフは僕に勝ってから言いなよ。お喋りしている間にもゲンガーとサーナイトのエネルギーは溜まっている……こっちの心配をしたことを後悔しなよ!『シャドーボール』『サイコキネシス』!!」
「……来る!!」

 ゲンガーとサーナイトの頭上にはそれぞれ、膨れ上がった濃紫色に淀んだ怨みの力と光り輝く清めあげられた聖なる力が溢れている。それらは球体の形を取ると、同時に放たれた。

「ルリ、思いっきり力を溜めて!クー、『バトンタッチ』!」

 今までの一撃の倍以上に膨れ上がった怨念と思念の塊がマリルリ達に迫る。対してマリルリは両方の小さな拳をぐっと握り、クチートは黒い大顎の方ではない本物の口でマリルリの耳にキスをした。普段なら微笑ましくも見えるそれにどんな力が込められているかを理解し、アルカが呟く。

「クチートのあれは『蓄える』……エネルギーを蓄え纏った防御力をマリルリに移しているというのですか」
「力を溜めていたのはジェム側も同じだったようだが、それだけでは奴らの攻撃を防ぎきれんぞ。どうするつもりだジェム?」

 ドラコは期待を込めて膨大なエネルギーを迎え討とうとするマリルリを見る。クチートは上げた能力を全てマリルリに注いでいるから、マリルリがなんとか出来なければ二体そろって瀕死になるのは確実だ。


「大丈夫よルリ。クーが守ってくれるし、私はあなたの力を信じてる……他のどんなポケモンよりも力を溜めて戦うのが得意なあなたを!『腹太鼓』からのジャンケン……『グー』!!」
「りるうううううう!!」


 攻撃力マリルリが二つの塊を同時に拳で殴りつける。炸裂する間もなく一瞬にして凍り付いた二つの塊はそのままゲンガーとサーナイトへ跳ね返る。メガシンカの力さえを包み込んだ氷の鉄拳となって二体を襲う。ダイバは鋭く指示を出した。

「『サイコキネシス』ではじき返せ……!」

 防がれる可能性は考慮していてもそのまま帰ってくるなど予想していなかったサーナイトとゲンガーの反応は遅れ、念力で逸らそうとするがマリルリの力をすべて込めた一撃は重く速く。何よりも力が籠っていた。一切ぶれることなく直撃した氷の拳に吹き飛ばされ、同時に倒れる。マリルリも、クチートに守られていたとはいえ『腹太鼓』の力を限界まで使った反動で倒れる。

「くっ……マリルリ相手に僕の二体が……」
「ルリだけじゃないわ。クーがルリを信じて守ってくれたから……」
「そんな単純なことじゃない!!」

 苛立ちを込めて呟いたダイバにジェムが答えると、彼は拒絶するように腕を振り、声を上げる。

「僕のポケモン達はパパとママが強いポケモンを選りすぐって、個体まで厳選して渡したんだ……まともなポケモンバトルなら世界中で一番強いポケモン達を持ってる僕が負けたら……パパもママも幻滅する。そんなのは嫌だ。だから、絶対に負けるわけにはいかないんだ!」
「そんなこと……」
「君に何がわかるっていうんだ! パパもママも社長や女優としてすごく偉い立場にいて、それと比べられ続けた僕の気持ちが、ずっとおくりび山に引きこもってた君なんかにわかるわけがない!用意された道を歩き続けた君の事は……絶対に倒してみせる!それが僕がパパとママを見返す唯一の方法なんだ!」
「用意された道って……ダイバ君は何を知ってるっていうの? それを教えてくれれば、私だって……!」
「ジェムが知らなくていい、ここまでで築き上げた君の強さを僕が上回って……僕がチャンピオンに挑む!出てこいミロカロス!!」

 ダイバが出したポケモンは、今までジェムの見たことのないポケモンだった。滑らかで光沢のある長い体に、赤と青の混じった装飾を施したような姿はこの状況ですら美しいと思える。ミロカロスは憂うような眼をジェムとダイバ交互に向ける。

「『波乗り』だ!」
「クー、『蓄える』!」

 ミロカロスが大量の水を作り出し、大波を起こしてクチートの体を飲み込む。クチートは力を蓄えて踏ん張り、波を凌ぐ。しかし――波が消えた後にあったのは、ミロカロスが長い体をぐるりと巻き付けクチートを締め上げる、見た目の美しさとは裏腹の光景だった。

「クー、『噛み砕く』!」
「無駄だよ、『とぐろを巻く』も合わせた『巻き付く』からは逃げられない! このまま『熱湯』だ!」
「クゥゥゥゥゥ!!」

 ミロカロスが口から湯気の立ち昇る水を吐き、逃げられないクチートに浴びせる。無理やり煮え湯を浴びせられ続け、クチートの悲鳴が響き渡る。

「クー! ダイバ君、クーはもう戦闘不能扱いでいいから止めて!」
「駄目だ、止めない! ……思い出させてあげるよ、何も出来ずポケモンが傷つき続けるあの時の恐怖を!!」

 巻き付いた上で『熱湯』を浴びせ続ける以上、ミロカロスとて火傷を負う。だがミロカロスの特性は『不思議なウロコ』だ。火傷状態になることで防御力が上がるし、それを前提に鍛え続けたダイバのミロカロスは決してクチートを離すことなく巻き付き続ける。最初に戦った時、泣きながらやめるよう訴えるジェムに構わずメタグロスでラティアスを殴り続けたあの時を疑似的に再現しようとする。

「お互いのポケモンが半分倒れ、決着が近づいたところでこれか……勝負をかけに来たな」
「ここでジェムの心が折れれば確実に勝てる、ジェムのような優しい子供には有効でしょう。……まあ、非情なことですね」

 ドラコとアルカが分析する。ダイバの方も半分が倒されていよいよ余裕がなくなったのだろう、手段を選ばないやり方に出たことにジェムはどう思い、どう心を変化させるのか。その答えは――。

「……私は、ダイバ君を信じるよ」
「この期に及んで何を……!」
「出てきてラティ! 『龍の波動』!」
「ひゅうあん!」

 ジェムが自分の一番の相棒であるラティアスを出し、銀色の波動を放たせようとする。ドラゴンタイプの技ならミロカロスにダメージを与えつつもフェアリータイプを持つクチートは傷つかないと判断しての事だろう。

「ジェムならそう来ると思ったよ。ラティアスに『冷凍ビーム』!」
「!!」

 だが、ラティアスよりも早くミロカロスが口から今度は氷の光線を吐いた。この状況でクチートを救い出すにはクチートが無効に出来るドラゴンタイプか毒タイプの技で攻撃するしかない。そしてジェムの手持ちに毒タイプはいない以上、ラティアスを出してくることは計算出来たことだ。故に先んじて冷凍ビームを撃つことが出来る。ジェムの肩がびくりと跳ねた。

「さあ、クチートを助けたければ『冷凍ビーム』を受けてでもミロカロスに攻撃してみなよ、でないと……」
「やっぱり、そう来ると思ったわ! クー、お日様に『ソーラービーム』!」
「何……!?」

 銀色の波動は蒼い光線と相殺する。ミロカロスには届かない。だがクチートの悲鳴を上げる二つの口から、眩い光が天へと差して――。ミロカロスとクチート両方に太陽の光を濃くしたような光線が降り注いだ。いくら『とぐろを巻く』や『不思議なウロコ』で防御力を上げていようとも、熱湯を自分にも浴びせ続けた上、草タイプの特殊な大技を受ければ耐えきれずミロカロスがばたりと倒れる。クチートも折り重なるようにして気を失った。お互いにポケモンを戻し、ダイバの残りは二体、ジェムの残りは三体。

「なんでわかった? 僕らがラティアスを狙ってたって……」
「いくらあの時みたいにしてもダイバ君は意地悪でやってるんじゃない。私に負けるかもって思いながらも勝つためにやってるってわかるから……きっとこうしてくるって思ったの」
「……そう。憎たらしいくらい強くなったね」
「私が勝ったら、本当に憎まれちゃうのかな……もう一度出番よ。キュキュ、ペタペタ」

 フロンティアに来たばかりのジェムでは考えつかないどころか苦しむクチートを助けるために慌てて攻撃して罠に嵌まっていただろう。あるいはここに来た時は舞い上がっていただけでもともとそれだけの実力はあったのかもしれない。でも今のジェムがあるのは、今までの出会いとバトルがあったからこそだ。ダイバは噛みしめるように呟き、残された二体――ガルーラとメタグロスを出す。ジェムも残る二体、一度は下げたジュペッタとキュウコンを出す。これでポケモンはすべて出そろった。最後にまだ戦える状態のポケモンが残っていた方が、勝つ。

「本来はチャンピオンと戦うまで取っておくつもりだったけど……ここに来るまでの僕の力じゃ勝てなさそうだ」

 諦めの言葉ではなく、むしろ冷静さを取り戻し気合を入れ直したような厳かな口調。そして目を見開き、メタグロスの体をメガシンカの光が包み始める。

「昨日僕と君が二人で使った力……今僕だけの技として昇華する!……パラレルライン、オーバーリミット! テトラシンクロ、レベルマックス! メガシンカよ、電脳の限界を解き放ち究極の合体で勝利をつかみ取れ!!」

 メタグロスの体が輝き、フロンティアの中央からメタングとダンバルが飛来する。それは眩しい光と共に――ガルーラ親子の体を包む鋼の武装となって変形し、まるでガルーラがドサイドンのように大きくなった。子供もお腹の中に隠れ、更にそれを鋼が覆って鉄壁の守りを形成している。

「メタグロスと他のポケモンの合体……もう、自分だけで使えるようになったなんて」
「昨日君たちが仲良くおしゃべりしている間に、特訓したんだ……成功したのはガルーラとだけだったけど、今この状況なら十分。『ブレイククロー』!」
「速い……! キュキュ『火炎放射』!」

 メタグロスの電磁力を使い、重たそうな体からは想像も出来ない速さで突撃して腕を振るうガルーラにキュウコンが炎を放つ、しかし鋼で覆われた腕は炎をマッチ棒でも払うようにものともせずキュウコンの体を掴み、地面に叩きつける。追撃の『のしかかり』を受けキュウコンは何も出来ず倒されてしまった。

「キュキュをこんなにあっさり倒すなんて……!」
「次はジュペッタだ! 『シャドークロー』!」

 メガシンカしたメタグロスの特性は『硬いツメ』。よって鋭い一撃を重視しているのだろう。今度は黒く染まったゴーストタイプに有効な爪をジュペッタに向ける。やはりスピードは速く、まるで大型の車が襲ってくるようだった。

「ッ、でもペタペタから攻撃したのは失敗よ!ペタペタ『怨念』!!」
「!!」

 ジュペッタは無抵抗に切り裂かれ、ただのぬいぐるみのように地面に落ちる。しかし人形の身体から噴き出た怨念ガルーラに襲い掛かる。ガルーラとメタグロスから、技を使う力を奪われその体が機能停止したようにうずくまる。

「シンボルハンターさんと同じ『怨念』の効果! ペタペタを倒した相手の技を全て使えなくするわ! これでガルーラもメタグロスももう技は使えない……」

 どんな強力なポケモンでも全ての技を封じてしまえばもう『わるあがき』しか出来ない。ジュペッタを犠牲につかみかかった勝利にジェムは安堵しそうになった瞬間――凄まじい悪寒がした。

「ラティ、逃げて!!」
「ひゅうあん!!」

 ラティアスが咄嗟に身をかわす。すると真下を紅いコアのような物が中心にある鉄球が掠めた。メタグロスの体を構成するダンバルが変形したものだった。それは遠くの壁に当たると爆発し、庭園の一部を破壊する。

「ガルーラには『切札』っていう技がある。ガルーラの仕える技が少なくなればなるほど威力がどんどん上がっていくゴーストタイプを倒すための正真正銘の切り札がね」
「でも『怨念』で全ての技を使えなくすれば意味が……」
「勿論それも想定してミロカロスには使えなくなった技を使えるように出来る『ヒメリの実』を持たせ、バトル中に落としておいた。そして『怨念』を受けた直後に拾って食べれば技は使える」
「それがダイバ君が……私のお父様に勝つために考えた作戦なのね」

 ジェムの悪寒の正体は、ゴースト使いであるチャンピオンに勝つことにあれほど拘っているダイバが『怨念』に対して無策だろうか?という懸念だった。事実それは当たり、もう少しでもわずかに油断していれば切札が直撃しラティアスは瀕死になっていただろう。地面に落とした木の実を食べるまでのわずかな時間がラティアスに回避する時間を与えたというわけだ。

「次は外さない……パパのメタグロスとママのガルーラ、それを統べる僕の力で君に勝つ!もう君の手持ちはラティアス一匹、どうすることも出来ない!」
「ううん……一匹じゃない、私達全員の力でダイバ君に勝つ!その為に必要な条件は……すべて整ったわ!」

 ラティアスの紅い体がジュペッタの色に染まるように黒く染まる。まるで昔の魔法使いのように白黒の姿になったラティアスを見てダイバはハッと顔を上げる。

「『ミラータイプ』……ジュペッタが倒れる前に使っていたのか!」
「そうよ。そしてペタペタにはゴーストタイプとして、倒れたみんなの力を受け継ぐ必殺の技がある! ペタペタとみんなの『恩念』を受け継いで……これで決めるよ!」

 シンボルハンターとの戦いではラティアスが活路を開いてジュペッタが決めた技を、今度がジュペッタがチャンスを作りラティアスが放つ。白黒のラティアスの体が五つに分身して、宝石のような煌めきや水玉模様、光沢のある黒色や燃えるような赤色に染まった色々なラティアスが次々と飛翔し、ガルーラへと突進していく。 


「君がどれだけの力を積みかさねようと……僕の『切札』が負けるわけないんだ! 全て打ち尽くせ! 今まで勝つために積み重ねた全てを吐き出すんだ!」
「私達みんな……何よりダイバ君のためにも、勝ってラティ!『ミラージュダイブ』!!」


 ガルーラがその腕、お腹の袋、口からダンバルやメタング、そして通常のメタグロスの胴体のような形をした砲弾を打ち出す。そのたびにガルーラの装甲は剥がれ落ち、普段の姿になっていく。ダンバル、メタングの砲弾が爆発して分身を一匹ずつ、そしてメタグロス型の砲弾で分身二匹を打ち消したが、最後のモノクロになったラティアス本体には届かない。ラティアスの光の力とジュペッタの闇の力が重なった一撃はガルーラと残った装甲を吹き飛ばし、何度も何度も転がりながらも立て直そうとして――


「負け、た……う、あ……うあああああああああああああああああっ!! ああがあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!」


 ダイバが両腕で頭を抱え膝から崩れ落ち、金切り声に近い絶叫を上げる。ガルーラもメタグロスも、立ちあがることが出来なかった。切り札をすべて使い尽し、技も体力もない。自分の敗北が確定し、ポケモンバトルに勝ち続けチャンピオンを超えるという自分の存在意義が崩れ去ったダイバは母親を見失った赤子のように泣き喚く。ジェムはラティアスを褒めてあげる余裕もなくダイバに駆け寄ろうとした。

「ダイバ君、落ち着いて――」
「やめろジェム。今お前が慰めてもダイバにとっては惨めさが増すだけだ!ダイバのためにも勝ったというなら、泣き止むまで話しかけるな!」

 勝負が終わると同時にこの展開を予測していたのか、いつの間にかジェムのすぐ傍まで来ていたドラコが無理やりジェムを止めた。アルカはベンチに座って耳を塞いでいる。ドラコはダイバの声にかき消されぬよう大声で諭した。

「そんな……何かしてあげられないの?」
「お前にはわからんかもしれんが、男にとっては自分を負かした女に慰められるなど傷口に塩を塗られるよりも屈辱的なものだ!わからなくてもいい、今は泣かせてやれ!」
「つっ……!」
「あああああああああああああああああああっ!がああああああぐああああああああああああああっ!!!」

 ダイバがおかしくなってしまうのではないかと思えるほどの悲鳴にジェムの身が本能的に竦む。自分が勝ったせいでダイバが壊れてしまったらどうすればいいのかと思うと、ドラコを振り切ってでも駆け寄りたくなった。だがドラコは意地でも話すつもりはないらしく強く腕を掴んでいるし。何よりも彼女は真剣だった。

「わかった……でも、泣き止んだらまた一緒にお喋り出来るわよね?」
「……」

 ドラコは答えなかった。今までの旅の軌跡をすべてぶつけた勝負の結果はジェムが勝ち、ダイバは負けた。本当にこれがダイバや自分にとって良い結果になるのか、自問自答しながらジェムはダイバが泣き止むまで、凄まじい金切り声を聞き続けていた――。 
 
 
前に戻るもくじ次へ進む

読了報告

 読了報告及び評価をするにはログインが必要です。

感想フォーム

 この小説は感想を受け付けていますが、感想を書くにはログインをしている必要があります。

 そのため、感想を書くにはアカウントを所有している必要があります。

感想

 この小説には感想がついていません。