夏の終わりに

作者:ioncrystal さん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

本文

全ては平等に尊い。食べるということ、それはあらゆる命を頂くこと。
全ての命は他の命と出会い何かを生み出す。
悲しむな、????が来るぞ。怒るな、????が近づいてくるぞ。
喜ぶこと、楽しむこと、あたりまえの生活、それが幸せ。
仲間たち我ら見上げ、祝福する。
ーシンオウ神話が伝わる文化圏の様々な碑文

 どうしてわたしはこんなにしあわせでどうしようもなくせつないのだろう。
わかっているくせに。あらゆる声から耳を塞ごうと思う。
「お父さん、お母さんの話を聞かせて欲しいんです。」
そういった少年の口を塞ぎ、いっしんに抱き止めた。
少し抵抗するような素振りを見せ、しかし彼はされる......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2018年12月23日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付けない
評価
受け付けない
タグ
(設定されていません)
ポケモン
(設定されていません)
未登録です

つながり