ギフトから始まる茶番劇

作者:なるかみさん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

作品紹介

最近話題のアプリにハマっている弟のために、兄ちゃん頑張っちゃったら大変なことに?
ある梅雨の日に弟の話し相手をしていた、一人の「ポケモントレーナー」のお話。

本文

「うぉぉー!兄ちゃん見てーや!アローラのサンド生まれた!!」
 自室でのんびりネットサーフィンしていたら、バタンと勢いよくドアが開いて、年の離れた弟が乱入してきた。
 目をキラキラ輝かせながら、スマートフォンの画面を見せつけてくる。
 この梅雨の湿度で何もしていなくてもやる気の出ないシュウイチは、チラリとその画面を見てから弟に目を向ければ、眩しいくらいの笑顔と興奮の圧が伝わってきて、さらにやる気が失われていった。
「おぉー、良かったやんー。」
 とかいう、なんという適当な返事で軽くあしらおうとする。
 普段なら可愛い弟のために、テンションも上がりそうだが、残念ながらこの季節はそんな......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2018年07月06日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付けない
タグ
ポケモン
(設定されていません)
登録しています

つながり