サイクルメモリー

作者:覆面作家企画7さん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

本文

僕は、自転車が好きだ。


初めて自転車に乗ったのは、確か4、5歳ぐらいの時だったかな。お母さんと、アチャモの君と一緒に公園へ行って自転車に乗る練習をしたんだ。
勿論、最初は怖くて仕方が無かった。お母さんが支えてくれていたけど、それでもこけるのが怖いという気持ちがいっぱいで、何度も、絶対に手を放さないでぇ!って叫んだっけ。
でもそれじゃあいつまで経っても上達しないから、一度だけ勢いが付いた所でお母さんに手を放してもらったんだ。
そしたら自転車はふらふらと前に進んで、すぐにバランスを崩して横に倒れた。上に乗っていた僕も思いっきり地面に打ちつけられて、あまりの痛さに泣き出してしまったん......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2018年06月03日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価なし)
ポケモン
(設定されていません)
登録しています

つながり