後は任せたからな

作者:しろあんさん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

作品紹介

ヒコザルとイーブイが探検中に見舞われたピンチのお話。

本文

とある洞窟の中にて。

「やばい・・・!まだ追いかけてきてるみたいだ!」
「に、逃げなきゃ・・・!?」

岩と岩に挟まれた曲がり角の多い一本道を、ヒコザルとイーブイのペアが、全力で駆け抜けていた。後ろから追いかけてきている奴らから逃げ延びるためだ。
ヒコザルは既にボロボロの体で、命の危機を感じてきているのか背中の炎は強く燃え上がっていた。それでもイーブイをエスコートして道の先頭を走っているのは、リーダーとしてのプライドによるものなのだろう。

対してイーブイはさほど大きなダメージは受けておらず、ヒコザルの後ろを必死になって追い続けていた。かなり慌てている様子なのは、彼女自身の臆......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2018年04月06日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価あり)
タグ
(設定されていません)
ポケモン
ヒコザル  イーブイ 
登録しています

つながり