命の焚火

作者:jupettoさん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

本文

 涼香が病院で四葉に別れを告げ、再び旅に出て五年の月日が流れた。
 巡と明季葉の引率は二年ほどで終わり、その過程でヒトモシの、その後ヘルガーの果たすべき復讐を果たした。ポケモンを不当に傷つけた罪人として、そいつらは法の裁きが下された。
 四葉も、その間にこの地方が抱える問題を可能な限り解決するために奔走し──最も重要な仕事、リーグチャンピオンが政治への大きな権力を持つというルールを撤廃した。
 いうまでもないことだが、本来トレーナーは政治に詳しくない。うまくできるはずもないし、自分に都合よくルールを変えてしまうものもいた。このルールがある限り、四葉のこの地方をよくするために生きたいという......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2018年02月25日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価なし)
タグ
(設定されていません)
ポケモン
(設定されていません)
登録しています

つながり