胡蝶の夢

作者:逆行さん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

作品紹介

果たして自分は、アゲハントに進化したのか。
否、この姿はドクケイルかもしれない。

本文

「マユルドは、アゲハントにはなれないよ」
 何度も、僕は教えた。だが、少しも彼は納得しない。「そんなの、進化してみないと分からない」と、即彼は反論してくる。
 僕は、カラサリス。彼は、マユルド。マユルドの彼は、アゲハントになりたがっていた。
 僕らは元々、ケムッソという芋虫だった。ケムッソは、二種類のポケモンに進化が枝分かれする。それが、カラサリスとマユルドだ。
 そしてこの二匹は、もう一段階進化できる。カラサリスはアゲハントに、マユルドはドクケイルになれる。
 しかし、逆は無理だ。すなわち、カラサリスはドクケイルになれないし、マユルドはアゲハントになれない。
 だから、彼が願おう......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2018年01月24日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価なし)
タグ
(設定されていません)
ポケモン
アゲハント 
登録しています

つながり