33―Bond 6

作者:円山翔さん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

本文

 Epilogue

 作戦が失敗に終わって去って行くコスモ団員を、ムメイもカオルも追わなかった。戦意を喪失した団員に追い打ちをかけたところで何かが変わるわけではないと、そう判断したからであった。先の戦いで大怪我を負っているムメイは、そもそも追える状態ではない。カオルを乗せたラティアスのロンドが空から降りて来た時、コスモ団が用意したポケモンを操る装置をカオルが破壊したと分かった途端に、気が抜けたように地面にへたり込んでいた。ラティオスのカデンツァとサーナイトのココロの手を借りてやっとのことで立ち上がったムメイは、不意に全身を震わせた。自分の中に、何かが入ってきたような感覚に襲われたのだ。
......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2017年08月13日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価あり)
ポケモン
(設定されていません)
登録しています

つながり