ひみつきちカフェ

作者:揚げなすさん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

作品紹介

降雨量の多い湿地帯の道の端には、隠れるように一軒家が建っていた。
”ひみつきちカフェ 「アマガサ」 休憩にコーヒーはいかがですか?”

本文

しとしとと降り続ける雨が地面を鏡のように反射させている。この地域は海から上ってくる湿った空気の影響で長雨が続きやすく、地面はいつもぬるりとぬかるんでいた。
町と町をつなぐその湿地帯の公道は、水ポケモンの好みそうな沼地を伴った林道となっている。「そらをとぶ」を使えないトレーナー達は、まとわりついてくる蒸し暑さとぬかるんだ地面に耐え、雨に打たれながら町と町の間を半日かけて歩かなければならなかった。
そんな道のその脇に、電灯がくくりつけられた木製の看板がぽつりと佇んでいた。

”ひみつきちカフェ 「アマガサ」 休憩にコーヒーはいかがですか?”

昼間にもかかわらず厚い雲がかかり薄暗いその......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2017年05月11日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価なし)
タグ
(設定されていません)
ポケモン
(設定されていません)
登録しています

つながり