それでも彼女は笑っている。

作者:パルさん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

本文

人間が絶滅して50年。その世界にはたくさんの国があった。
その国の一つ。エレクト王国。そこに彼女はいた。
種族はオシャマリ。電気タイプばかりのこの国には見合わない種族だ。
今、彼女は庶民が使うような物とは格が違う高級なベッドの上ですうすうと寝息を立てている。
この部屋は何もかも整えられている。小さなテーブルも、それにつけられた椅子も。壁に掛けられた時計はチクタクと規則的に音を刻み、女の子らしく可愛く飾られたクローゼットの中には、丁寧に畳まれた服が仕舞われている。その全てに「チャマ」と名前が刺繍されていた。
庶民が服を着る事はない。庶民は精々帽子や靴をつけるくらいで、服なんて着るのはパ......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2017年04月03日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価あり)
タグ
(設定されていません)
ポケモン
オシャマリ 
登録しています

つながり