ゲノセクト拾いました

作者:小江戸さん
ログインするとお気に入り登録や積読ができます

作品紹介

「で、そのポケモンと4つのカセットを押し付けられるがままに受け取ったと」
「そうで」
「ぎゅいいいいん!!」

ハートマークでも見えそうな勢いで擦り寄ってくるそのポケモンに、私は小さくため息をついた。

本文

 ――こんにちは、メイさんですね? あなた宛に不思議な贈り物をお預かりしています。こちらをどうぞ!

 ――カセットは全て渡したぞ。俺はそいつから手を引いたんだ。あとはお前の好きにするがいい……





 面識のない宅配屋にモンスターボールを押し付けられ、その後珍しく電気の点るP2ラボに立ち寄ると怪しい男に怪しい道具を押し付けられ。


 「で、そのポケモンと4つのカセットを押し付けられるがままに受け取ったと」
 「そうで」
 「ぎゅいいいいん!!」


 フリゲートの甲板。
 ハートマークでも見えそうな勢いで擦り寄ってくるそのポケモンに、私は小さくため息を......

全文はこちらから

設定

最終更新日
2016年11月08日
ステータス
短編
登録カテゴリ
感想
受け付ける
評価
受け付ける(再評価あり)
タグ
BW2 
ポケモン
ゲノセクト 
登録しています

つながり