カテゴリ「文学」(短編小説)

 まじめな話が展開される小説のカテゴリです。

作者
カテゴリ
最終更新日
2018年11月12日
ステータス
短編
作者黒糖
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月12日
ステータス短編
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年11月12日
ステータス
短編
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月12日
ステータス短編
我儘な少年、宗太はある日祖父母の畑で牡欒をくすねようとするも、牡欒が頭に堕ちてしまう。再び目を覚ますと、突然周りのポケモン達の声が聞こえるようになってしまうのだが──。近くて遠い夏のある日、少年は愛猫と共に駆ける。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年11月08日
ステータス
短編
作者茶兎
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月08日
ステータス短編
くそみたいな社会に生きる、疲れた大人へ。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年11月05日
ステータス
短編
作者雪椿
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月05日
ステータス短編
私はずっとご主人様の隣にいたい。それなのに、アイツが邪魔をする。アイツのせいでご主人様がこっちを見ないのなら、アイツをどこかにやってしまおう。

※ポケモンと人間がお互いの言葉を理解している、という設定があります。苦手な方は注意して下さい。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年11月05日
ステータス
短編
作者雪椿
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月05日
ステータス短編
これは、どこにでもあるような誰かの独白(モノローグ)。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年11月05日
ステータス
短編
作者雪椿
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月05日
ステータス短編
風の悪戯で「それ」を実行しそうになった時、紫の灯が僕を助けてくれたんだ。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年10月28日
ステータス
短編
作者雪椿
カテゴリ文学
最終更新日2018年10月28日
ステータス短編
その洞窟で降っていたのは、他では見たこともないような「青色」の雨でした。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年10月19日
ステータス
短編
カテゴリ文学
最終更新日2018年10月19日
ステータス短編
僕はぬいぐるみ。
それ以上でも、それ以下でもない。
それでも愛してくれるなら、僕らは愛してくれる人のために尽くそう。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年10月15日
ステータス
短編
作者黒糖
カテゴリ文学
最終更新日2018年10月15日
ステータス短編
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年10月08日
ステータス
短編
作者雪椿
カテゴリ文学
最終更新日2018年10月08日
ステータス短編
――千年も生きると言われた種族である私が、まさか一年経つのも待たずに消えてしまうなんて、誰が予想できたでしょうか。

※ポケモンと人間がお互いの言葉を理解している、という設定があります。苦手な方は注意して下さい。
<前のページへ12345...15