ステイルさんの作品一覧

ログインするとお気に入り登録できます

ステイルさんの自己紹介はこちら

シリーズ

画面の中のポケモン
ポケモンと暮らす。
先輩、後輩シリーズ

連載小説一覧

カテゴリ
最終更新日
2016年02月17日
ステータス
連載中
カテゴリコメディ
最終更新日2016年02月17日
ステータス連載中
向かいのバス停で俺と同じ行動をしたそのポケモン。
ただ付いて行っただけでまさかあんな目に合うとは思ってなかったよ…。
P.S.
これは「ロトム配給メール」と同じ時間軸とお考えください。あと思いつきで書くので他の二つに更新は遅いです
カテゴリ
最終更新日
2017年08月14日
ステータス
連載中
カテゴリ生態
最終更新日2017年08月14日
ステータス連載中
雨が降り出したその日に俺はあいつと出会った。
瀕死状態のあいつ。遅刻した俺。
抱きしめるあいつ。嫌がる俺。

雨、雨、降れ、降れ。もっと降れ。

そんな一人と一匹のお話。
カテゴリ
最終更新日
2014年05月04日
ステータス
完結
カテゴリ生態
最終更新日2014年05月04日
ステータス完結
空き地DEラジオー!
さぁ始まりました、空き地DEラジオー!
今回は……

…と軽快な声が小さな黒い箱から流れてきた。
今日は何を話すのか…いつの間にかわくわくしながら聞いている自分がいる。
ラジオで繋がるそんな一人と一匹のお話。
カテゴリ
最終更新日
2015年07月11日
ステータス
完結
カテゴリコメディ
最終更新日2015年07月11日
ステータス完結
ある男に届いた一通のメール。その名を「R-メール」。
オレンジ色の画面の中に寝ぼけたような顔がついている。
携帯越しに見つめてくるそいつは確かに俺に向けてメールを送ったんだ。
カテゴリ
最終更新日
2016年04月15日
ステータス
連載中
カテゴリ生態
最終更新日2016年04月15日
ステータス連載中
電車で揺られること…何分?寝てたからわからないや。
とにかく、しばらくしたら着いてしまったんだ。コガネシティ…。
そこには私の『手持ちたち』が暮らしていてビックリしたけど。
まぁとにかくその『手持ちたち』にはいろいろな諸事情があるようで…。

短編小説一覧

最終更新日
2017年09月28日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2017年09月28日
人ならざる同居人は自分より遥かにわがままであり、融通の効かない、愛すべき生き物である。
最終更新日
2017年09月28日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2017年09月28日
「ねぇ、ベニ? 私は冬が好きなのよ? あなたはどう?」
最終更新日
2017年06月02日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2017年06月02日
おいしそうなお月さま。
きれいな、きれいなお月さま。
私たちは大好きです!
最終更新日
2017年04月28日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2017年04月28日
ラティアスと主人公がイチャイチャするだけのお話。
恋愛寄り…になってると思うよ。
最終更新日
2017年04月07日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2017年04月07日
チリン♪
チリン♪
鈴の音色を聴いたとき、そばに神の通る道がある。
会えるかどうかは神次第。
最終更新日
2017年03月21日
カテゴリ
カテゴリ推理・ホラー
最終更新日2017年03月21日
あいつのせいで……あいつのせいで……!
最終更新日
2016年09月21日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2016年09月21日
琥珀糖……それは砂糖菓子の名前。琥珀のように美しい色合いの菓子。形はまるで石のような形で透明感があり、冷涼な見た目で夏場には重宝されたという。
最終更新日
2016年08月22日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2016年08月22日
時折、ぼんやり考える。我が輩、かれこれ二十数年は生きてる気がする。
我が輩、残念なことに記憶力が乏しい。
昔のことなどどうでもいいが暖かい胡坐と美味しいご飯ともう一つ、優しいヒトと一緒にいられればそれでいいのだ…。
最終更新日
2016年07月14日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2016年07月14日
サンを観察してみた…。

「先輩、後輩シリーズ」になります。
「イヤホンの音」を読んでから読むことを推奨します。
最終更新日
2016年07月03日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2016年07月03日
飛べない理由はいくつかあるんだ。
その一、普通に怖い
その二、わざわざ飛んでやる必要もない
その三、お前の笑顔が嫌いなんだ
最終更新日
2016年04月25日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2016年04月25日
8月9日、第二次世界大戦真っ只中、それは落とされた。そのお陰で戦争は終わりを迎えたが、あまりにも大きな犠牲を払うことになった……。
最終更新日
2016年04月01日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2016年04月01日
ねぇ、夢にあふれた今を生きる君。
忘れた「もの」はない?
例えば……そうだな……ほら、押し入れの中とかにさ、ぬいぐるみとか仕舞ったままにしてないかい?
そんな「もの」達はきっと君のことをずっと待ってるんだ。
最終更新日
2016年01月21日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2016年01月21日
あなたは、ポケモンロスという言葉を知っていますか?
最終更新日
2015年12月15日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2015年12月15日
「夜中、ふらふらと大学を歩いているとね、誰もいない登山部の部室のね、テレビに赤い目が点いてるんだって!怖くない?」
最終更新日
2015年09月30日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2015年09月30日
「さぁ、旅の準備はできた。早く入りたまえ」
「せ、先輩? 僕には何も見えな―――」
この時、僕はどうして登山部に入ったのかと本当に後悔した。

雲湧く夏の続編になります。
最終更新日
2015年08月19日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2015年08月19日
シャラン、シャランと音が鳴る。いったい、ここはどこなのだろうか。
先ほどまでテンガン山を登っていたはずだった。それなのに今やひざ上までもある草の生い茂った崖の上にいた。切り立った崖の遥か下には小さな湖が見える。
シャラン、シャランとまた音が鳴る。私は目の前の二匹のリーシャンを追いかける――。
最終更新日
2015年07月16日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2015年07月16日
私がまだ小さいころの記憶―――。
雲に私は乗っていた。それが忘れられないくらい気持ちよかったんだ……。
最終更新日
2015年07月04日
カテゴリ
カテゴリなし
最終更新日2015年07月04日
相棒と会ったのは釣りをしていた時だった。
俺は相棒に助けられた。だから俺は相棒といられるんだ…。
最終更新日
2015年01月19日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2015年01月19日
周りが七夕ムードで染まったその日、俺の勤めるコンビニに現れた男の子。
廃棄の弁当をあげただけでまさかあんなことになろうとは……
最終更新日
2014年06月07日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2014年06月07日
澄んだ空にプカプカ浮かぶ白い雲。ついでに聞こえる鉛筆がキャンパスをなでる音。そして青い空!
オイラは寝転がりながらその音を聞く。
ねぇ旦那?
オイラ今、とっても幸せだよ?
なぁんて呟けるぐらいにのんびりした時間が流れてる。
そんなオイラと旦那のお話…。
最終更新日
2015年03月02日
カテゴリ
カテゴリなし
最終更新日2015年03月02日
作者はパソコンの前でうなっていた。小説の中にいる主人公がどうにも動かないからだ。
隣では最近家族になった「ノラ」がはしゃいでいる。
そんな作者と主人公が小説という媒体でつながるお話。

前作「初恋」の続き(これを読んでから読むことをお勧めします)
最終更新日
2013年11月13日
カテゴリ
カテゴリ生態
最終更新日2013年11月13日
最終更新日
2013年05月12日
カテゴリ
カテゴリなし
最終更新日2013年05月12日
あなたの初恋の相手は誰ですか?
テレビの取材でそう聞かれたらあなたはどう答えますか?
私なら…私の初恋の相手は………
ポケモンに恋をしてしまった『私』のお話。
最終更新日
2013年03月12日
カテゴリ
カテゴリなし
最終更新日2013年03月12日
電車の窓から顔を覗かせる君たちとは長い付き合いだけどあの町で僕と君たちは出会ったんだ…。

高校生最後の夏休みのある日のそんな僕たちのお話…。

(注/流血表現一部あり)