雪椿さんの作品一覧

ログインするとお気に入り登録できます

雪椿さんの自己紹介はこちら

シリーズ

モノクローム・モノローグ

連載小説一覧

カテゴリ
最終更新日
2018年12月01日
ステータス
連載中
カテゴリコメディ
最終更新日2018年12月01日
ステータス連載中
ある日、目を覚ましたらなぜかピカチュウになっていた。そんな「話」は、案外よくあるものなのかもしれない。
だが、その「舞台」が「ポケモンだけが住む世界」だなんて誰が決めた?
これはピカチュウな「俺」と訳あって引きこもりとなっている「アイツ」の、ちょっとした物語。
カテゴリ
最終更新日
2018年10月08日
ステータス
完結
カテゴリSF
最終更新日2018年10月08日
ステータス完結
この海は、いつも静かに波音を発している。

※この作品はポケモンストーリーテラーカーニバル テーマBに投稿したものを加筆・修正したものです。

短編小説一覧

最終更新日
2018年11月05日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月05日
私はずっとご主人様の隣にいたい。それなのに、アイツが邪魔をする。アイツのせいでご主人様がこっちを見ないのなら、アイツをどこかにやってしまおう。

※ポケモンと人間がお互いの言葉を理解している、という設定があります。苦手な方は注意して下さい。
最終更新日
2018年11月05日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月05日
これは、どこにでもあるような誰かの独白(モノローグ)。
最終更新日
2018年11月05日
カテゴリ
カテゴリ推理・ホラー
最終更新日2018年11月05日
森の奥深くにある「願いの館」は、「眠らないジラーチがどんな願いも本人がいいと言うまで叶えてくれる」という噂がある夢のような館。
そんな噂に引き寄せられた若者が、今日もまた一人館を訪れる。

※ホラー要素は薄いですが、一応ホラーカテゴリに入れておきます(え)。
最終更新日
2018年11月05日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2018年11月05日
風の悪戯で「それ」を実行しそうになった時、紫の灯が僕を助けてくれたんだ。
最終更新日
2018年10月28日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2018年10月28日
その洞窟で降っていたのは、他では見たこともないような「青色」の雨でした。
最終更新日
2018年10月08日
カテゴリ
カテゴリ文学
最終更新日2018年10月08日
――千年も生きると言われた種族である私が、まさか一年経つのも待たずに消えてしまうなんて、誰が予想できたでしょうか。

※ポケモンと人間がお互いの言葉を理解している、という設定があります。苦手な方は注意して下さい。
最終更新日
2018年09月30日
カテゴリ
カテゴリ推理・ホラー
最終更新日2018年09月30日
皆さまの不安をなくすために配り始めた贈り物。
これのお陰で、今日もこの町は幸せで一杯です。

※残酷な表現は全くありませんが、ホラーです。……ホラーなのです。